News

Group exhibition / Asama International Photo Festival PHOTO KOMORO

https://asamaphotofes.jp/exhibitions/detail2.html

2021.8 / 28 (Sat) ~ 11 / 21 (Day)
Nagano Prefecture Komoro City (around Komoro Station)

Komoro City is a city with a long history.For the first time this year, the international photography festival “Asama International Photo Festival PHOTO KOMORO” will be held in an environment blessed with nature where the pure Chikuma River flows at the foot of Mt. Asama in the east of Nagano Prefecture.
The venue is the town itself that prospered as a post town and a commercial city at the foot of Komoro Castle.Domestic and foreign photographs will be exhibited in unique forms indoors and outdoors, such as a nostalgic garden that retains the remnants of the ruins of a castle, a cottage in the Edo period, and a merchant house in the Meiji and Taisho eras.

———————–
Akira Otsubo Shadow in the House (2017-)
Shadow in the House by Akira Otsubo emerges mystically from the obscurity of Komoro Castle’s arsenal, constructed by Yasunaga Makino, the feudal lord of then Shinano Komoro Han in 1817.
The images in the room depict the houses seized by the GHQ after the war. To capture the multilayered memory residues left in the building as its owners change over time, she employed a large format camera to photograph the “shadow of memory” with a dance performance and the historical building using long exposure.
The pictures which portray the delicate hues of the faint shadows praises the ubiquitous power that brings back “memories” endowed to all of us. The inhabitants of the houses are no longer alive yet through these images, we can grasp some hints of their consciousness. As we imagine the lives of these people and their feelings, we can feel the time lost.
By choosing a “house”, inseparable from humans, as a stage, this becomes an occasion for us to rethink our culture and spirit from a different perspective such as the relationship between humans and memories, the situations of such property requisitions and our ever-changing lifestyles.

Akira Otsubo served as a judge for the photo competition “Our Footprints” organized by the Czech Center in Japan.

https://tokyo.czechcentres.cz/ja/blog/2020/12/nase-stopy-vysledky?locale=ja (JP only)

https://tokyo.czechcentres.cz/blog/2020/12/nase-stopy-vysledky?locale=cs (CZ only)

Group exhibition / Shandong University of Art & Design Museum [Jinan, China]

Group exhibition / 2020-2021 “Foreign Land, Same Sky” China, Japan and Korea University Photography Invitational Exhibition at Shandong University of Art & Design Museum [Jinan, China]

https://mp.weixin.qq.com/s/Alo54d0rhLz2uciRur6P0w

 

Solo exhibition / “Grayscale” at BLOOM GALLERY [Osaka, Japan]

会期:2020年10月10日(土) – 10月31日(土)
会場:BLOOM GALLERY

〒532-0025 大阪府大阪市淀川区新北野1-11-23 ハイム北野B103
営業日:水曜日から土曜日 13:00 – 19:00

http://www.bloomgallery103.com/news/all.html#20201001

 

Group exhibition / トーキョーアーツアンドスペース レジデンス2020 成果発表展「デイジーチェーン」の 3DVRができました。1Fの奥が大坪の展示スペースです。

https://my.matterport.com/show/?m=4MoF3CnpvXV

TOKAS Creator-in-Residence 2020 Exhibition “Daisy Chain”

The 3DVR of the exhibition space and the comments of participating artists are available. The exhibition space of Otsubo is located in the back of the 1st floor.

https://my.matterport.com/show/?m=4MoF3CnpvXV

Group exhibition / トーキョーアーツアンドスペース レジデンス2020 成果発表展「デイジーチェーン」

Part 1:2020年7月4日(土) – 8月10日(月・祝)に参加します。

2019年度より開始したテーマ・プロジェクトでは、TOKASレジデンシーに滞在するクリエーターが、「ミュトスの対話」という共通のテーマのもと、対話や議論の場を持ちながらそれぞれ個別に制作活動に取り組みました。 多様なアイデンティティが交差する東京に滞在しながら、慣習や社会に隠された事象を神話(Myth)の語源である「ミュトス(Mythos)」という枠組みをとおして多角的に考察し、その成果をひとつの展示空間で構成し発表します。

https://www.tokyoartsandspace.jp/archive/exhibition/2020/20200704-6990.html

TOKAS Creator-in-Residence 2020 Exhibition “Daisy Chain”

Part 1:2020.7.4(Sat)- 8.10(Mon)

For this theme project, launched in 2019, creators participating in the TOKAS Residency pursued artistic activities individually, with the common theme of “Myth-understanding,” while also engaging in dialogues and discussions. While living in Tokyo, a metropolis where diverse identities intersect, they examined phenomena concealed in customs and societies from multifarious perspectives through the framework of mythos (the etymological root of “myth” and “mythology”), and organized the results so as to present their works together in a single exhibition venue.

https://www.tokyoartsandspace.jp/en/archive/exhibition/2020/20200704-6990.html

TOKAS Residency Open Studio

2019年11月15日 (金) -17日(日) 11:00~17:00

トーキョーアーツアンドスペースレジデンシーは、ヴィジュアル・アート、デザイン、建築、キュレーションといった創造的分野で活躍する世界中のクリエーターが来日して滞在制作やリサーチ活動を行う施設で、宿泊室やスタジオを備えています。オープン・スタジオでは、クリエーターの制作やリサーチの過程を展示・公開し、作家による解説やゲストを招いてのトークを行います。

November 15 Fri.–17 Sun. 2019 11:00–17:00

Tokyo Arts and Space Residency provides opportunities for international creators in various disciplines including visual art, design, architecture and curation to stay, create works and conduct research in Tokyo, offering studio spaces and accommodation for the creators. Open Studio is a special occasion for the audience to see the creative process of residing creators, hear their talks and dialogues with guest speakers.

Solo exhibition / “Shadow in the House” at [Okayama, Japan]

From Oct. 5 to Oct. 20, 2019
Exhibition Hours: 10:00–18:00. Closed on Tuesday.

PORT ART&DESIGN TSUYAMA

823 Kawasaki, Tsuyama-city, Okayama, Japan, 708-0841

————————————
個展 / 大坪晶「Shadow in the House」(岡山/津山)

日程 : 2019年10月05日(土)~ 10月20日(日)
開館時間 : 10:00-18:00

会場 : ポートアート&デザイン津山
アクセス : 〒708-0841 岡山県津山市川崎823

主催:ポートアート&デザイン津山
助成:科学研究費助成事業 研究課題名「占領期『接収住宅』の歴史研究と芸術実践の交差領域における実践的研究」(課題番号JP19K13042)

————————————
大坪晶の写真作品《Shadow in theHouse》シリーズは、時代の変遷とともに所有者が入れ替わり、多層的な記憶を持つ家の室内空間を被写体としています。
室内に残る歴史の記録であると同時に、ダンサーが動いた身体の軌跡を長時間露光撮影によって「おぼろげな影」として写し込むことで、何かの気配や人がそこにいた痕跡を想像させます。それは、複数の住人の記憶が多重露光的に重なり合い、もはや明確な像を結ぶことのできない記憶の忘却を指し示すとともに、それでもなお困難な想起へと開かれた通路でもあります。

大坪は近年、日本各地に現存する「接収住宅」(第二次世界大戦後のGHQ/BCOFによる占領期に、高級将校とその家族の住居として使用するため、強制的に接収された個人邸宅)を対象とし、精力的な制作と調査を続けています。2019年6月には、岡山市内に残存する2件の邸宅での写真、映像作品の制作を行い、8月には文化庁の新進芸術家海外研修制度(短期)により、アメリカのワシントンD.C.にあるアメリカ国立公文書館(以下NARA)にて写真、映像資料の調査を行いました。
本展では、これまでに大坪が制作してきた邸宅の写真、映像作品を展示するとともに、NARAで調査したアーカイブ資料や、占領期を記憶する人々のインタビュー音声なども配置し、複合的なインスタレーションを試みます。歴史的建築(旧妹尾銀行林田支店)の中で、重層的な記憶が体感的に想起されるような貴重な機会となるでしょう。

https://www.port-tsuyama.com/

 

9月からTOKASの国際交流レジデンスに滞在し制作しています。

https://www.tokyoartsandspace.jp/creator/index/O/1438.html

Akira Otsubo is staying at TOKAS International exchange residence.
Artist will research and making artworks about “Shadow in the House” project from Sep. to Nov..

Artist info
https://www.tokyoartsandspace.jp/en/creator/index/O/1438.html

2019年度 文化庁新進芸術家海外研修制度(短期)により、ワシントンD.C.のアメリカ国立公文書館にてリサーチを行なっています。

08.17.2019

Akira Otsubo is conducting a survey at the National Archives at College Park in Washington D.C. through the 2019 Japanese Government Overseas Study Programs for upcoming artists, short-term researcher.

http://www.bunka.go.jp/seisaku/geijutsubunka/shinshin/kenshu/pdf/r1392531_02.pdf

Event / “Shadow in the House” at Ouchidani Grand Apartments [Tottori, Japan]

Akira Otsubo (artist, photographer) and Ai Kawase (dancer), Yuki Furukawa (dancer)

Date:7.14sun, 15Mon
Exhibition Hours: 7.14 – 13:00-15:00 / 15:30-17:30 / 18:00-20:00
                          7.15 – 9:30-11:30
Ouchidani Grand Apartments
93-1, Uemachi, Tottori Shi, Tottori Ken, 680-0015, Japan

展  示: 大坪晶
パフォーマンス: 川瀬亜衣、古川友紀
日  程:2019年7月14日(日)、15日(月)
時  間:7月 14日(日) 13:00-15:00 / 15:30-17:30 / 18:00-20:00
               7月 15日(月・祝)9:30-11:30
               ※各回10名まで、完全入れ替え制(予約不要)
場  所:樗谿グランドアパート   〒451-0042 鳥取県鳥取市上町93-1
入 場 料:1,000円
主  催:「Shadow in the House」プロジェクト実行委員会
協  力:おうちだにグランドアパート保存会 とっとりの風
助  成:科学研究費助成事業 研究課題名「占領期『接収住宅』の歴史研究と芸術実践の交差領域における実践的研究」(課題番号JP19K13042)
本イベントの問い合わせ先:shadowinthehouseproject@gmail.com

——————————-

展覧会概要 :
大坪晶の写真作品《Shadow in the House》シリーズは時代の変遷とともに所有者が入れ替わり、多層的な記憶を持つ家の室内空間を被写体としています。
室内に残る歴史の記録であると同時に、ダンサーが動いた身体の軌跡を長時間露光撮影によって「おぼろげな影」として写し込むことで、何かの気配や人がそこにいた痕跡を想像させます。それは、複数の住人の記憶が多重露光的に重なり合い、もはや明確な像を結ぶことのできない記憶の忘却を指し示すとともに、困難な想起へ開かれた通路でもあります。
大坪は近年、日本各地に現存する「接収住宅」(第二次世界大戦後のGHQによる占領期に、高級将校とその家族の住居として使用するため、強制的に接収された個人邸宅)を対象とし、精力的なリサーチと撮影を続けています。2018年8月には、今回の会場となる鳥取市内の「樗谿グランドアパート(旧佐々木邸)」にて、写真と映像作品を制作しました。
1930年に竣工した樗谿グランドアパートは、時代や所有者の変遷に伴って増改築が加えられ、和洋折衷や文化の混在とともに重層的な歴史を物語る建築です。
今回のエキシビション/パフォーマンスでは、樗谿グランドアパートで撮影された写真・映像作品を、同じ建物の室内に重ねて投影するとともに、撮影に参加したダンサーの川瀬亜衣と古川友紀がパフォーマンスを行います。また、リサーチしたアーカイブ資料や インタビューの音声なども配置し、複合的なインスタレーションを試みます。歴史的建築物の中で、少人数の観客と親密に向き合い、イメージやサウンド、身体表現を通して、場所の記憶が体感的に想起されるような貴重な機会となるでしょう。

Art Fair / “ART NAGOYA 2019“ at Lights Gallery [Aichi, Japan]

Art Fair : ART NAGOYA 2019 at Lights Gallery, Room 934, Hotel NagoyaCastle [Aichi, Japan]
Date : 2019/02/16-17
http://www.artnagoya.jp/room934.html

TALK EVENT at Kanzan Gallery [Tokyo, Japan]

Akira Otsubo (artist, photographer) and Mikiko Kikuta (Curator)

Date : Dec. 15 (Sat) 16:00

——————————
トークイベント
12.15〔土〕16:00 –
大坪晶(美術作家・写真家)× 菊田樹子(キュレーター)
入場無料/予約不要

http://www.kanzan-g.jp/isamu_morisawa.html

Solo exhibition / “Shadow in the House” at BLOOM GALLERY [Osaka,Japan]

From Nov. 24 to Dec. 22, 2018
Exhibition Hours: 11:00–19:00. Closed on Sunday, Monday, Tuesday.

——————————
「Shadow in the House」

2018年11月24日(土) – 12月22日(土)
会場:ブルームギャラリー、ショールーム
営業日:水曜日から土曜日 11:00 – 19:00
※その他の日月火曜日はアポイント制

11月24日(土)より大坪晶「Shadow in theHouse」を開催します。
昨年に続き2回目の個展となる本展では、これまで発表してきた《Shadow in the House》プロジェクトの写真作品に加え、 
新作の映像作品やアメリカ公文書館でのリサーチで得た記録写真を含む複合的なインスタレーションを展開します。

■イベント情報
ダンサーによるパフォーマンス
日時:12月22日(土) 13:00 – / 16:00 - 計2回

ダンサープロフィール
川瀬 亜衣
1987年京都市生。場に寄って変容する身体を踊る。書き文字を辿ることで、一個の身体を超えたものを踊る方法を探求。ダンサー。振付家。
SAILING企画。

古川友紀
ダンサー、パフォーマンスアーティスト。他者の語りや土地の記憶を、声や身体でなぞるプロジェクト「TELESOPHIA」を進行中。

Solo exhibition / Shadow in the House at Lights Gallery [Nagoya,Japan]

01.07.2018

From 7.14sat, 15sun, 20fri, 21sat, 22sun, 27fri, 28sat, 29sun
Exhibition Hours: 12:00~19:00

Lights Gallery (ライツギャラリー)
Endoji NagoyaAichi Prefecture, Nagoya, Nishi-ku, Nagono 1-11-4

日  程:2018年7月14日(土)、15日(日)、20日(金)、21日(土)、22日(日)、27日(金)28日(土)、29日(日)
時  間:12:00~19:00
場  所:〒451-0042 愛知県名古屋市西区那古野1丁目11-4

トークイベント:7月14日(土) 16:00~「記憶 ⇄ 記憶をつなぐ vol.3」佐藤知久(京都市立芸術大学芸術資源研究センター 准教授)
オープニング : 同日 17:30~

——————————-
《Shadow in the House》シリーズは、時代の変遷とともに所有者が入れ替わり、多層的な記憶を持つ家の 室内空間を被写体としています。
室内に残る歴史の記録であると同時に、ダンサーが動いた身体の軌跡を長時間露光撮影によって「おぼろげな影」として写し込むことで、何かの気配や人がそこにいた痕跡を想像させます。
それは、複数の住人の記憶が多重露光的に重なり合い、もはや明確な像を結ぶことのできない記憶の忘却を指し示すとともに、それでもなお困難な想起へと開かれた通路でもあります。「住宅」という私的空間から大文字の「歴史」や異文化の接触を捉え直す視座を開くとともに、接収の実態や生活様式の変遷が今日の私たちの文化や精神性に与えた影響について考える機会とします。

Group exhibition / “Sanctuary 聖域”

From July 3 to July 15, 2018
Tuesday – Sunday 12:00 – 19:00
(final day 12:00 – 17:00)

荒川朋子, 荒川尚也, 大坪晶, 川井ミカコ, 曽田朋子
An exhibition presented by Mikako Kawai with selected artists, Tomoko Arakawa, Naoya Arakawa, Akira Otsubo, Tomoko Soda

https://www.ladsgallery.com/exhibitions/upcoming.html

Group exhibition / KYOTOGRAPHIE KG+ ”JAPAN PHOTO AWARD EXHIBITION”

From April 14 to May 13, 2018
Exhibition Hours: 11:00–21:00

About the exhibition
The Japan Photo Award is the largest independent photography award in Japan, established by EINSTEIN STUDIO with the aim of showing new Japanese talent to the world. NEW JAPAN PHOTO is a photo catalogue of emerging Japanese photographers first published in 2016, it has been published twice a year since then. The catalogue was made to connect the artists with gallerists, curators, and art fans. A selection of works from the catalogues will be presented in this exhibition.

Opening Reception
Saturday, April 14, 17:00 – 19:00

more info :https://hotel-anteroom.com/gallery/2123

Venue : 7 Higashi Kujo Aketa-cho, Minami-ku, Kyoto-shi, Kyoto 601-8044
http://www.kansaiartbeat.com/venue/825E47C4.en

——————————-
「JAPAN PHOTO AWARD EXHIBITION (KG+)」
会  期:2018年4月14日(土)~ 5月13日(日)
開館時間 : 11:00-21:00
レセプション:4/14(土)17:00–19:00
会  場:HOTEL ANTEROOM KYOTO
住  所:〒601-8044 京都府京都市南区東九条明田町7(担当:上田/須山)

https://hotel-anteroom.com/gallery/2123

Grant/ Iwai Cosmo Securities ASK Support Fund, Arts support Kansai

Apr.2018

Akira Otsubo has got a Iwai Cosmo Securities ASK Support Fund, Arts support Kansai.

Solo exhibition / “Shadow in the House” at Kyoto City University of Arts, Archival Research Center [Kyoto, Japan]

From Mar. 22 to Mar. 31 2018
Exhibition Hours: 10:00–17:00.

Access : Kyoto City University of Arts
13-6 Kutsukake-cho, Oe, Nishikyo-ku, Kyoto 610-1197, Japan

——————————–
個展 / Akira Otsubo「Shadow in the House」(京都)

日  程 : 2018年03月22日(木)~ 03月31日(土)
開館時間 : 10:00-17:00
会  場 : 京都市立芸術大学内小ギャラリー
アクセス : 京都市立芸術大学芸術資源研究センター
〒610-1197 京都市西京区大枝沓掛町 13-6

主催|京都市立芸術大学 芸術資源研究センター
企画|高嶋慈(京都市立芸術大学 芸術資源研究センター研究員)
助成|平成 29 年度 京都市立芸術大学 特別研究助成

【関連イベント|シンポジウム】
「記憶 ⇄ 記録をつなぐ」Vol.2
2018年03月25日(日)14:00-16:00 (参加無料・予約不要)
会場 : 京都市立芸術大学 芸術資源研究センター

第一部
アーティストトーク 大坪晶
レクチャー
「占領下の都市と接収:その記録と記憶」 村上しほり(神戸大学大学院 人間発達環境学研究科 研究員)
「Sujin Memory Bank Project: 柳原銀行記念資料館と地域の記憶」 林田新(京都造形芸術大学 アートプロデュース学科専任講師)

第二部
ディスカッション「記憶 ⇄ 記録をつなぐ」 参加者 : 村上しほり、林田新、大坪晶、高嶋慈

大坪晶の写真作品《Shadow in the House》シリーズは、時代の変 遷とともに所有者が入れ替わり、多層的な記憶を持つ家の室内 空間を被写体としています。室内に残る歴史の記録であると同 時に、ダンサーが動いた身体の軌跡を長時間露光撮影によって「おぼろげな影」として写し込むことで、何かの気配や人がそこ にいた痕跡を想像させます。それは、複数の住人の記憶が多重 露光的に重なり合い、もはや明確な像を結ぶことのできない記 憶の忘却を指し示すとともに、それでもなお困難な想起へと開 かれた通路でもあります。 大坪は近年、日本各地に現存する「接収住宅」(第二次世界大戦 後の GHQ による占領期に、高級将校とその家族の住居として使用 するため、強制的に接収された個人邸宅)を対象とし、精力的 なリサーチと撮影を続けています。撮影場所の選定にあたって は、建築史や都市史研究者から提供を受けた論文や資料を参照 するとともに、「接収住宅」の所有者の遺族や管理者への聞き取 りを行っています。展覧会は、写真作品《Shadow in the House》 とともに、関連資料、資料に基づいた作品、批評テクストから なる複合的なインスタレーションとして構成します。これらを 通して、「住宅」という私的空間から大文字の「歴史」や異文化 の接触を捉え直す視座を開くとともに、接収の実態や生活様式 の変遷が今日の私たちの文化や精神性に与えた影響についても 考える機会とします。 また、会期中には、都市史研究者の村上しほり氏と、写真史・ 視覚文化研究者の林田新氏をお招きしたシンポジウムを開催いたします。

Published information

メディア掲載情報

アートラボあいちでの展覧会「Shadow in the House」情報・レビューが中日新聞、朝日新聞、artscape 、美術手帳に掲載されました。

artscape
レビュワー : 高嶋慈
http://artscape.jp/report/review/10143296_1735.html

 

美術手帳 2018年3月号